toggle
論座
2021-04-23 | 活動記録

朝日新聞デジタル「論座」に論説掲載

2021 0423 論座 ヘッダー1

国が同性婚を認めていないことについて、同性カップルが国家賠償を求めていた訴訟で、3月17日、札幌地裁が注目すべき判決を出した。国家賠償は認めず、原告の請求は棄却となったが、「同性婚を認めないことは違憲」と明言する判断だった。

続きを読む >

2021-03-07 | 活動記録

朝日新聞デジタル版「論座」に論説掲載

2021-01-04 | 活動記録

朝日新聞デジタル「論座」に論説掲載

論座2021 0104 志田論説 使用写真

毎年1月には国会の「通常会」が開かれる。しかし今、国会には、4年間果たされず宿題となっている会期がある。2017年に憲法53条に基づいて要求された臨時会である。現在、この《行われなかった臨時会》をめぐる裁判が係争中である。・・・

憲法53条・臨時国会召集裁判の意味 議会制民主主義を支えるもの

2019-11-13 | 活動記録

朝日新聞デジタル「論座」に論説掲載

2019年11月2日掲載

「11月3日 文化の日 はだれの誕生日?」
「文化の日」を「明治の日」に変更する自民党有志の改正案が意味するもの

 「5月3日は、憲法が歩きだした日。施行された日なんです。」
「では、憲法の誕生日は?」
ここで授業では、DVDに収められた1946年11月3日、第90回帝国議会における天皇の「日本国憲法公布」の映像を出す。
このとき昭和天皇が読み上げた言葉がある。
「朕は、国民とともに、自由と平和とを愛する文化国家を建設するように努めたいと思う」。
ここでもう一歩、踏み込んで尋ねてみる。
「11月3日は、憲法の誕生日と同時に、もう一人、誰かの誕生日です。誰だと思います?」…