toggle
2021年9月
2021-09-29 | 活動記録

「現代アートをめぐる文化戦争とは」 シノドス・トークラウンジで司会

20210929シノドス・トークラウンジ スクショ01

シノドス・トークラウンジ 「現代アートをめぐる文化戦争とは」 小崎哲哉(ゲスト)・志田陽子(聞き手)

「アートは境界を広げるためにある。世界を豊かにするためにある。才能あるアーティストは、我々凡人が想像すらできないことを、形にして体験させてくれる。ここで「豊かに」というのは政治的に正しいこととは限らない。欲望、妄想、狂気など、一般的には害悪や毒と見なされるものも含まれる。害悪や毒を肯定しろと言うのではない。アートは、世界にはあらゆるものが存在しうるという事実を提示し、我々にその事実を認識させることによって、我々の世界観を拡張する。…」(『現代アートを殺さないために ソフトな恐怖政治と表現の自由』カバーより)

続きを読む >

2021-09-17 | 活動記録

安保法制を考える司法書士の会主催オンライン講演会で講師

2021 0917 司法書士の会 講演「憲法改正の理路」スライド表紙

「憲法改正の理路 ~コロナ改憲、議会ルール無視改憲、主権者スルー改憲を考える」

安保法制を考える司法書士の会主催のオンライン講演会で、憲法改正について考える講演会の講師を務めました。

続きを読む >

2021-09-04 | 活動記録

<文化>から、人間らしい暮らしを問い直す 図書新聞に書評掲載

2021 0904 図書新聞9月4日号 書評「文化的に生きる権利」

図書新聞2021年9月4日号に、中村美帆『文化的に生きる権利 文化政策研究からみた憲法第25条の可能性』について、現在の社会状況に照らしながら、この研究の価値を評する書評を書きました。

続きを読む >

2021-09-03 | 活動記録

安保法制違憲訴訟 福岡地裁で学者証言

2021 0903 福岡地裁 意見書提出と証言

意見書提出&法廷での証人尋問。福岡地裁に、原告に生じている人格権侵害の内容について解説する意見書を提出し、これについて9月3日、30分間、口頭でも証言を行いました。