toggle
2021-06-23

シノドス・トークラウンジで司会

2021 0623 トークラウンジ

シノドス・トークラウンジ 「憲法学者が島でフィールドワークする――小さな物語のひとつひとつを置き去りにしない共生社会へ」榎澤幸広 / 志田陽子(聞き手)

『離島と法-伊豆諸島・小笠原諸島から憲法問題を考える』の著者・榎澤 幸広さんは、憲法学をフィールドワークに基づいて実践する、稀有な研究者です。離島を対象としつつ、制度や施策の文言(統治者の言葉)ではなく、現地の人々の生活・経験の言葉を聞き取り調査していく手法で編まれた本格的な憲法研究書というのは、日本で初めてではないでしょうか。

「憲法学者がなぜ島の研究?」、「なぜ島で現地調査?」。

著者の榎澤さんは、さまざまな人から、この質問を繰り返し受けたと言います。それを、今回のトークラウンジでも、お聞きしました。今、憲法研究に必要なこと、そして他の学問領域の研究者から見た憲法学とのコラボレーションの可能性がいろいろ見えてきたと思います。

関連記事