toggle
2018-09-11

【論稿】家族:開かれた憲法論に向けて- 個人・尊厳・平等 『日本の科学者』2018年9月号

志田陽子論稿『日本の科学者』2018年9月号

志田陽子論稿 『日本の科学者』2018年9月号

『日本の科学者』2018年9月号に、論稿 「家族:開かれた憲法論に向けて― 個人・尊厳・平等」 が掲載されました。

書影『日本の科学者』2018年9月号

『日本の科学者』2018年9月号

日本における「家族」に国家がどのようなかかわり方をするべきか――してはならないか――について、日本国憲法24条、13条、14条、国連女性差別撤廃委員会、2012年自民党改憲草案24条から考える。国外から日本の社会と法制度を見た報告や見解に、日本の未達成の課題の多さ・大きさが示されている。本稿では、この流れの中で憲法24条の法的意味と社会的意義について再確認する。

関連記事