toggle
活動記録
2021-03-11 | 活動記録

シノドス・トークラウンジで司会

2021 0310 シノドス・トークラウンジ

2021年3月10日、「情報社会における表現の自由の行方」と題し、シノドス・トークラウンジで、成原慧先生をお迎えして、司会を務めました。

続きを読む >

2021-03-10 | 活動記録

「表現・報道の自由とメディアとの賢い付き合い方 法律の世界から」

2021 0310 世田谷区砧区民講座 スライド表紙

2021年3月10日、世田谷区の区民講座で講師を務めました。

続きを読む >

2021-03-07 | 活動記録

朝日新聞デジタル版「論座」に論説掲載

2021-03-06 | 活動記録

美術手帖に論説掲載

2021-03-04 | 活動記録

「うぐいすリボン」サイトで対談記録公開

2021 0304 うぐいすリボン対談 

『芸術の自由マニュアル/芸術の検閲マニュアル』日本語版 発行記念対談 第3回 志田陽子 × 亀石倫子

NPO法人「うぐいすリボン」の企画でで、弁護士の亀石倫子先生と対談させていただきました。その記録テキストがアップされました。

続きを読む >

2021-02-28 | 活動記録

市民向け憲法講座 「民主主義と表現の自由」

民主主義と表現の自由 表紙

2月28日(木)15:20~16:50(90分)、国立市公民館の市民向け憲法講座(会場+オンライン)で講師を務めました。

続きを読む >

2021-02-27 | 活動記録

「わきまえず向き合おう」 東京新聞「新聞を読んで」に論説掲載

わきまえず向き合おう 東京新聞2021 0228

東京新聞「新聞を読んで」の執筆者として、4週に1本ずつ書いていす。
2月28日掲載の記事では、「わきまえず向き合おう」と題して、日本が取り組みを遅らせてきた男女平等社会への課題と、この問題について新聞にどう取り組んでほしいかを書きました。公人の失言を叩いて終わるのではなく、その先の課題取り組みにどうつなげていくかで、メディアの真価が問われると思います。その方向性をもった記事が東京新聞にたくさんあることを紹介しました。

2021-02-25 | 活動記録

「表現の自由と差別規制 共存社会のために」

人権研究所講演告知 志田 2021 0225 _トリミング

2月25日(木)15:20~16:50(90分)、第45回部落解放・人権西日本夏期講座ウェビナーによるオンライン講演で講師を務めました。

続きを読む >

2021-02-04 | 活動記録

毎日新聞デジタルにコメント掲載

毎日新聞デジタル「女性たくさん」発言記事2021 0204 スクショ

志田陽子・武蔵野美術大教授(憲法学)も取材に対し、「飲み屋での雑談とは異なり、公人による公的な場での発言であり、見識を問われる。しかもオリ・パラは国際社会の関心事であり、日本の民度がこうした発言で見積もられてしまう」とコメントした。…

続きを読む >

2021-02-03 | 活動記録

美術手帖webに論説掲載

美術手帖web国旗損壊罪 2021 0202 記事冒頭スクショ

日本を侮辱する目的で日本国旗を傷つける行為を罰する「国旗損壊罪」を盛り込んだ刑法改正が、自民党の議員有志によって再提出される可能性が出てきた。この法改正が「表現の自由」に与える影響とは何か? 武蔵野美術大学で憲法を教える志田陽子が解説する。

自民党有志が新設目指す「国旗損壊罪」は表現の自由を脅かすか? 憲法学者が解説

1 2 3 4 5 6 7 16