toggle
志田陽子 homeイメージ0420
2021-02-27 | 活動記録

「わきまえず向き合おう」 東京新聞「新聞を読んで」に論説掲載

わきまえず向き合おう 東京新聞2021 0228

東京新聞「新聞を読んで」の執筆者として、4週に1本ずつ書いていす。
2月28日掲載の記事では、「わきまえず向き合おう」と題して、日本が取り組みを遅らせてきた男女平等社会への課題と、この問題について新聞にどう取り組んでほしいかを書きました。公人の失言を叩いて終わるのではなく、その先の課題取り組みにどうつなげていくかで、メディアの真価が問われると思います。その方向性をもった記事が東京新聞にたくさんあることを紹介しました。

2021-02-04 | 活動記録

毎日新聞デジタルにコメント掲載

毎日新聞デジタル「女性たくさん」発言記事2021 0204 スクショ

志田陽子・武蔵野美術大教授(憲法学)も取材に対し、「飲み屋での雑談とは異なり、公人による公的な場での発言であり、見識を問われる。しかもオリ・パラは国際社会の関心事であり、日本の民度がこうした発言で見積もられてしまう」とコメントした。…

続きを読む>

2021-02-03 | 活動記録

美術手帖webに論説掲載

美術手帖web国旗損壊罪 2021 0202 記事冒頭スクショ

日本を侮辱する目的で日本国旗を傷つける行為を罰する「国旗損壊罪」を盛り込んだ刑法改正が、自民党の議員有志によって再提出される可能性が出てきた。この法改正が「表現の自由」に与える影響とは何か? 武蔵野美術大学で憲法を教える志田陽子が解説する。

自民党有志が新設目指す「国旗損壊罪」は表現の自由を脅かすか? 憲法学者が解説

2021-01-31 | 活動記録

核問題、待ったなしの遠望 東京新聞「新聞を読んで」

新聞を読んで「核問題待ったなしの遠望」トリミング東京新聞2021 0131

東京新聞「新聞を読んで」の執筆者として、4週に1本ずつ書いていす。
1月31日掲載の記事では、「核問題 待ったなしの遠望と題して、日本が直面する二つの核問題に東京新聞がどう取り組んでいるか、新聞にどう取り組んでほしいかを書きました。時間のかかる問題、次の世代へとまたがる問題だからこそ、待ったなしの気構えで取り組まなくてはならない。その切迫性と深刻さを伝えるのがメディアの役割。そんなエールを送りました。

2021-01-20 | 活動記録

『議会と自治体』2月号に論説掲載

議会と自治体2021年2月号本文冒頭

憲法53条・臨時会召集要求権の意味――日本国憲法における議会制民主主義

日本国憲法53条は、「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」と定めている。

続きを読む>

1 2 3 4 5 6 7 8 18