toggle
志田陽子 homeイメージ0420
2020-09-28 | 活動記録

東京都生協連オンライン憲法学習会で講演

都生協連講演20200928告知

2020年9月28日、東京都生協連平和活動担当者連絡会主催による「オンライン憲法学習会」で講師を務めさせていただきました。コロナ禍でも変わらずに考えるべきこと、コロナ禍でこそ考えなくてはならないことについて、スライドを使って一般市民向けにお話ししました。

続きを読む>

2020-09-24 | 活動記録

「コロナの時代と「表現の自由」」 『議会と自治体』2020年10月号に論説掲載

2020 0924 『議会と自治体』2020年10月号表紙

「コロナの時代と「表現の自由」――生存と文化への気づき」

(2020年10月号 p.17-22)

2020年、新型コロナウイルス感染防止を最大の関心事とすることとなった社会では、「表現・コミュニケーション」、「文化芸術・教育」の分野が大きな影響を受けた。これまでの「表現の自由」の問題は、裁判や警察介入などの「事件」が中心だったが、コロナ下の社会では、これまであまり意識されなかった要素がクローズアップされることになった。

人と人が会うこと、とくに不特定の人間が密集して集まることを避けるために、集会やデモ、音楽ライブや演劇、が深刻な影響を受けた。また、歓談を楽しむ「夜の街」も、自粛を求められている。…

2020-09-20 | 活動記録

「首相辞任・後継報道と「知る権利」」 Yahoo!個人オーサーページに論説投稿

2020 0920 Yahoo!論説「首相辞任・後継報道と知る権利」スクショ_トリミング

「首相辞任・後継報道と「知る権利」」2020年9月20日掲載

内閣総理大臣の辞任表明から与党総裁選までの報じかた

9月16日、菅義偉氏が自民党総裁に指名された。

どの報道も、与党における総裁就任が内閣総理大臣就任を意味する成り行きとなることから、菅氏の写真を大きく掲載し、菅内閣の発足を報じた。これについては新聞各紙がそれぞれ「表現の自由」の主体であるわけだから、それぞれのカラーやスタイルがあっていい。…

2020-09-15 | 活動記録

安保法制違憲訴訟釧路地裁 学者証人尋問で証言

釧路地裁 DSC_0729

2020年9月15日 釧路地方裁判所の証人尋問に出廷し、現行の安保法制の運用から住民の人格権侵害が生じていることについて、憲法研究者としての見解を述べました。(証言時間30分)。

その前提となる意見書(追加意見書)を同月11日に提出しました。内容は、この地域の住民に人格権侵害が生じていると言える、というものです。

2020-09-06 | 活動記録

東京新聞「新聞を読んで」執筆

新聞を読んで 2020 0906 掲載誌面スクショ 記事のみ抜粋2

2020年7月から、東京新聞「新聞を読んで」の執筆者として、4週に1本ずつ書いていす。3本目は、「首相辞任報道と知る権利」と題して、8月末の前首相辞任表明から1週間、各紙が何を主眼において報じたかについて書きました。

2020-08-15 | 活動記録

「反検閲マニュアル」監訳・監修

「検閲マニュアル」表紙スクショ

NPO法人「うぐいすリボン」翻訳・発行による全米反検閲連盟発行の「反検閲マニュアル」翻訳版(PDF版および冊子版)の監修・監訳を務めました。

A Manual for Art Freedom / A Manual for Art Censorship (芸術の自由マニュアル / 芸術の検閲マニュアル)日本語版(2020)

監修・監訳:志田陽子 (憲法学者/武蔵野美術大学教授)
監訳:山口貴士 (日本国弁護士/カリフォルニア州弁護士)
編集:荻野幸太郎/装丁:山田久美子
発行:特定非営利活動法人うぐいすリボン

NPO法人うぐいすリボンのサイトはこちらです。著者のスヴェトラーナ・ミンチェバさんのメッセージ・ビデオも視聴できます。

続きを読む>

2020-08-14 | 活動記録

週刊金曜日に論説掲載

週刊金曜日 表紙2020 0814

憲法53条は、《多数決主義》とは別の面から民主主義を支えている。国会という場は、結果(表決)だけを目的としているのではなく、国民の「知る権利」に応えるための質疑・討論・調査の場でもある。53条は、そうした《場》を開くための足場として、日本の民主主義を単なる数の民主主義でなく、熟議による民主主義へと下支えする役割を果たしている。この要求を、数に奢(おご)って黙殺することを許さないのが、この条文の眼目である。…

続きを読む>

2020-08-10 | 活動記録

『うたごえ新聞』に紹介記事掲載

うたごえ新聞2020年8月10日号_志田陽子インタビュー

うたごえ新聞の8月10日号に、「歌でつなぐ憲法の話」の活動を紹介するインタビュー記事を掲載していただきました。憲法を支える文化や「表現の自由」に関する志田の考え方も丁寧に扱ってもらった、ロングインタビューです。

2020-08-09 | 活動記録

東京新聞「新聞を読んで」執筆

2020 0809 東京新聞新聞を読んで

2020年7月から、東京新聞「新聞を読んで」の執筆担当者になりました。 2021年6月までの1年間、4週に一度ずつ書いていきます。 2本目は、SNS誹謗中傷問題 について書かせていただきました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 16